鉄スクラップ・銅買取ブログ

鉄スクラップ・銅買取ブログ

2022年5月10日(火)中国経済の減速

2022-05-10

おはようございます。本日は、2022年5月10日(火)です。

昨日は、銅建値が4万円下げて128万円になりました。

今日はさらにLMEが軟調です。

原因は、主に中国の新型コロナの感染拡大による銅の需給ギャップを嫌気したトレーダーによる売りが原因です。

本日は、トレーダーによる銅の売りがさらに加速化してLMEが下げの様相を呈しておりますが、LMEの銅在庫は減少基調にあるので、明日まで下落が続いて一旦持ち直しそうです。ただし、依然として北京や上海の隔離生活に目途がたっておらず、銅の下落トレンドは、しばらく続きそうです。

また、仮に中国のコロナによる経済の減速が改善されたとしても、米国の10年債利回りの上昇や量的緩和による資産圧縮がどのように銅相場に影響するのかに注目しなければなりません。これらのFRBによる政策は基本的にインフレ退治を目的にしているので、銅や原油などは今後急落する可能性も頭の隅に置いておかなければなりません。

「中国のコロナの状況」「米国のインフレ政策」に世界のトレーダーが注目しています。