鉄スクラップ・銅買取ブログ

鉄スクラップ・銅買取ブログ

逃すな!銅相場のチャンスが到来している!

2020-12-03

景気が悪い気がしてなりません。

同業者もさることながら、街を歩いても人が少ない気がしますし、そもそも飲み会自体もほぼ無くなっているので、実経済の落ち込みは相当なものだと肌で感じているわけです。

やはり、新型コロナの影響は大きいでしょうね。

皆さんの住んでいるところではどうでしょうか?

早く新型コロナを収束してもらいたいものです。

さて話は少し変わり、12月3日のロイター通信によれば、イギリスが、ファイザー製薬とビオンテックの新型コロナ用のワクチン使用を承認しました。

早くても来週には緊急使用ができるようになるとか。

ようやく希望の光が見えてまいりました。

ワクチンの使用の承認も大切ですが、医療崩壊の懸念を鑑みれば特効薬の方が急務のような気がしております。

コロナ不況の中でも株価や銅の値段は急騰しております。

11月は、新型コロナウイルスのワクチン開発とコロナ患者の発生による様々な指標の両天秤がつり合う事がなく、米国の主要銘柄や日経平均が、乱高下をもたらしております。

ただ、株価が安定しないまでも、ベースはあくまで高値で推移しており、実経済との剥離が完全にバブルを作り出しているように思えてなりません。

足元では、額に汗して仕事に励んでいる一方で、投資家はコロナ渦で財を成している人もいるわけですから、羨ましい限りです。

このような状況に関して、理由としてはいくつか考えられるのですが、各国の金利引き下げや量的緩和などの金融緩和政策さが大きく効いているようにも思います。(日本では、日銀がETFを買い支え日経が押し上げられている状況)

市中に流し込まれたお金が向かう先は、株や銅さらには暗号通貨に流れやすくなるので、当然高値になっていくものと考えられます。

また、新興国に目を向ければ、中国の新型コロナの収束は目覚ましく、インフラ需要の期待感から銅などの金属相場は、上昇局面にあり、さらには銅鉱山の産出国世界一であるチリでも新型コロナ感染者拡大やストライキに伴い、銅鉱山の操業の停止が各メディアで報じられているので、銅の需要が爆発的に伸びている。若しくはそう感じている投資家が多くいることは、周知の事実であります。

LME銅相場は、本日7644ドルで昨日銅の建値が84万円にまで上昇しました。

先月からどうLMEは、上昇傾向にある

まさに2004年~2008年の新興国バブル時の相場に近づいているくらい高値をつけているわけです。

今後米国の金融緩和は、維持継続していくことを踏まえれば、短期スパンでの銅の暴落は、なかなか想定しづらいのではないでしょうか?(個人的には中長期でみれば米中貿易摩擦により徐々に銅相場は軟化することが想定できる)

どこまで銅相場が上がり続けるのかは、分りませんが、個人的には今年から来年初め位には、8000ドルを抜けるのではないかと想定しており、世界各国に新型コロナワクチンの使用が行き渡るころには、9000ドルに到達しそうです。

あくまでも予想ですが、皆さんはどのように想定するでしょう?

さらに大きなチャンスが巡ってきそうです。コロナが収束してからの米国と中国の関係にも注意が必要で、両国はますます対立を深めることになるかもしれませんので、コロナバブルが弾けるトリガーになり得ます。

その時の銅はまさに買いですね。

新興国は、さらに人口が増加するので銅の需要が上がることは、不可逆的なことですから。

日本でも東証1部に「WisdomTree 銅上場投資信託(証券コード1693)」米ドル建てのETFがあるので簡単に買えますので、ご興味がありましたら。

主な許可・資格

〇解体工事施工技師 1名

〇第三種電気主任技術者 1名

〇建設業許可(とび、土木工事業)新潟県知事 許可(般-20)第41442号

〇新潟県産業廃棄物収集運搬業 許可番号 01508055229号

〇新潟市産業廃棄物収集運搬業(積替え保管) 許可番号 05910055229号

〇新潟市産業廃棄物処分業  許可番号 05920055229号

〇新潟県特別管理産業廃棄物収集運搬業  許可番号 01558055229号

〇古物営業許可取得 新潟県公安委員会 許可 第461070001021号

〇山形県特別管理産業廃棄物収集運搬業  許可番号 0659055229号

〇群馬県特別管理産業廃棄物収集運搬業  許可番号 01050055229号

〇富山県特別管理産業廃棄物収集運搬業  許可番号 01659055229号

〇福島県特別管理産業廃棄物収集運搬業  許可番号 00757055229号